ALT/GPT値で判断する病気情報

ALT・GPTの数値から
考えられる病気がたくさんあるのはご存知ですか?

 

今回は、ALT・GPTの数値から分かる
病気の種類について詳しく説明していきます。

 

「ALT・GPTの基準値はどこからどこまで?」

 

○ALT・GPTの基準値

 

・0から30IU/L

 

2012年4月以前は、基準値は5から45IU/Lとされていました。

 

肝臓になんらからの不具合があると
この数値が基準値を上回ってしまいます。

 

「ALT・GPTの数値が高い場合に疑える病気」

 

○基準値より数値が上回っている

 

・体調による一時的な数値

 

・遺伝によって影響されている場合

 

・肝炎
急性肝炎、急性ウイルス肝炎、アルコール性肝炎、
薬剤性肝炎、激性肝炎、慢性肝炎、活動性慢性肝炎、
自己免疫性肝炎

 

・他
うっ血肝障害、脂肪肝、肝硬変、肝臓癌

 

 

「基準値内だけど、ALT・GPTの数値が低い場合」

 

・体調による一時的な数値

 

・遺伝によって影響されている場合

 

・妊娠中の場合

 

 

「ALT・GPTの数値、どのくらい上回っている?」

 

ALT・GPTの数値の上回り方で
疑える病気を絞ることができます。

 

○軽度 31から100IU/I 

 

脂肪肝
肝硬変
ウイルス性慢性肝炎
薬物性肝炎
閉塞性黄疸
自己免疫性肝炎
肝細胞癌

 

 

○中度 101から500IU/I

 

脂肪肝
急性アルコール性肝炎
ウイルス性慢性肝炎
肝炎ウイルス
自己免疫肝炎
薬物性肝炎
急性肝炎
原発性胆汁性肝硬変
吐血性疾患
閉塞性黄疸
心筋梗塞
筋肉疾患

 

 

○重度 500から1000IU/I

 

急性増悪のウイルス性慢性肝炎
極期のウイルス性急性肝炎
急性アルコール性肝炎
薬物性肝炎
肝炎ウイルス
急性肝炎
総胆管結石
心筋梗塞

 

 

○重度 1001IU/I以上

 

極期のウイルス性急性肝炎
急性増悪のウイルス性慢性肝炎
劇症肝炎
薬物性肝炎
ピーク時における虚血性肝炎

 

 

これらのように、数値の上回り方で
どのような病気にかかっているのか疑うことが出来ます。

 

ですが、数値が高く重度までいってしまうと
病気を治すことが難しくなってしまいます。
このようなことを避ける為にも
しっかりと、定期的に検査をするようにするとよいですよ。