ALT/GPTを下げたい人必見!抑えるべき食事のコツは〇〇だった!

ALT・GPTの数値に関して

 

以上に出てしまった・・・。
正常値に戻したい・・・。
好きなものを食べたいし、好きなものを飲みたい・・・。

 

そんな厄介な数値を下げる効果がある食べ物があるってご存知でしたか??
今回はALT・GPTの数値を下げる食べ物をご紹介していきます。

 

 

「ALT・GPTの数値を下げるにはどうすればいいの??」

 

下記のようなことをすることが大事になります。

 

・アルコールの量を減らす。

 

・高カロリー、高脂肪のものを控える。

 

・肥満やメタボの場合ダイエットをする。

 

・日々の適度な運動。

 

意外と基本的なことばかりですよね。

 

「肝臓に良い成分を摂取し、ALT・GPTの数値を下げる??」

 

生活習慣をみなそうと思っても、実際は急に変えられないよといった方々へ。
そんな方々は、食生活の改善を目的とした食事をとりましょう。

 

では、具体的に肝臓の働きをサポートする成分は何でしょう?

 

下記が代表的なものです。

 

 

 

 

 

・タウリン 
・ウコン      
・オルニチン
・アスタキサンチン
・アルギニン
・レシチン
・セサミン
・ローヤルゼリー
・サポニン

 

「タウリンが豊富な食材とは?そしてその効果は?」

 

★タウリンを多く含む代表的な食材

 

例))  *しじみ *牡蠣 *ウコン *ゴマ *レバー

 

 

★効果の例

 

例))しじみの成分効果

 

しじみは100gあたり15mgほどアルニチンを含んでいます。
このアルニチンは二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを解毒します。
肝臓本来の力である、アルコールの分解能力も回復させます。

 

 

例))牡蠣の成分効果

 

牡蠣は100gあたり1130mgものタウリンを含んでいます。
このタウリンには細胞や身体を正常に戻していく働きがあります。
肝臓から分泌される胆汁酸の量も増やすので、肝臓に溜まった中性脂肪もコレステロールも排出していきます。

 

例))ウコンの成分効果

 

ウコンはクルクミンという肝臓の解毒機能おを高める成分を多く含んでいます。
胆汁は分泌が活発になることで、糖質の分解力を高めます。

 

例))ごまの成分効果

 

ごまはセサミンという肝臓に直接運ばれる成分を多く含んでます。 
これが作用すると肝臓の働きを高め、アルコール代謝に関わる酸素も活性化させてくれます。

関連ページ

お酒の甚大な影響
ALT/GPTに甚大な影響を与えるファクターは、お酒が第一位。