ALT/GPTは何を示す値?

 

血液検査の結果の紙などで
ALT・GPTという文字を目にしたことがある方は多いと思います。

 

ですが、ほとんどの方が意味が分からずに
スルーしていると思います・・・!

 

そこで、今回は
「ALT・GPTはどんな意味なのか?」
についてご紹介していきますね!

 

「ALT・GPT何の略?」

 

ALT(アラニントランスアミナーゼ)
GPT(グルタミン酸ピルビン酸転移酵素)

 

 

「ALT・GPTって何のこと??」

 

ALT・GPTの数値を見ると
肝機能の状態について知ることができます。

 

ALT・GPTの数値が上昇していると
肝機能が弱まっている、または肝臓に何らかの病気を発症している
場合があります。
ALT・GPTの数値が気になる場合は
医師と相談することをオススメします。

 

「健康時、異常時の状態」

 

○健康時
ALT・GPTは
細胞内で生産されている酵素です。
ほとんどが、肝細胞にあり
アミノ酸代謝、エネルギー代謝をする際
途中の重要な働きをしてくれます。

 

○異常時
肝機能に何らかの不具合があることで
血液中に漏れ出してしまいます。
ですので、ALT・GPTの数値が重要になってくるのです。
漏れ出してしまうことで、
ALT・GPTの数値が高くなります。

 

 

「数値が上昇している場合、どんな病気の可能性があるの?」

 

○ALT・GPTの数値が上昇している

 

・体調などによる一時的なもの、遺伝

 

・肝炎
急性肝炎、急性ウイルス肝炎、アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、
激性肝炎、活動性慢性肝炎、自己免疫肝炎

 

・他
うっ血肝障害、脂肪肝、肝硬変、肝臓癌

 

 

○基準値内だが数値が低い

 

ALT・GPTの数値が低い場合も
考えられるものがあります。

 

・体調などによる一時的なもの、遺伝、
 妊娠中

 

ALT・GPTの数値をみて
肝臓の疑える病気がこれだけあります。
どんな病気にかかっているか特定することは出来ませんが、
肝臓の病気を疑えることが出来きます。
そして、いち早く検査をし
病気を発見することが出来るのです。
定期的な検査をすることをオススメしますよ★